さもありなん

毎夜毎夜のアニメ鑑賞が生甲斐の管理人が作品への愛を気儘に書き綴るブログです。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

とある科学の超電磁砲S #5 『絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)』 

 

c38

アニメの禁書を見ていた頃、妹達というキャラについて、自分は正直あまり魅力を感じることはなかったのですが。超電磁砲の漫画で初めて妹達が登場した時。丁度今回放送されたところですね。可愛らしいデフォルメに、変な方向に語彙を豊かにしたセリフ。あの娘をこれほど面白いキャラに昇華するとは・・・!!と衝撃を受けたものです。

力尽くでも情報を聞き出す。苛立ちを帯び真剣な面持ちで美琴が迫るシーンは、無抵抗なミサカ妹の態度も相まってすごい緊迫感。かと思えばコントのような掛け合いを展開しては巧みに笑いを誘ってきたり。前半はそんな緩急の効いた雰囲気の切り替えが印象的でした。クローンとその素体。事の真相を秘める者とそれを追う者という不穏な間柄としての接触でしたが、その中で確かに互いの存在に愛着を持つ様子が描かれていましたね。その描写が終盤の件に効いてくるのですが。

c37

二万体の妹達を殺害させることで、とある一人のレベル5をレベル6に進化させる。この実に悍ましい計画こそが、美琴を取り巻く学園都市の闇だったのでした。自分の能力、武装、蓄積されたデータによる身の丈に合ったミサカ妹の戦術をしっかり描写しているからこそ、この頃はまだイケイケだった一方通行さんの無敵っぷりがまた映えるというか。能力の説明なんかなくても、あの戦闘シーンだけで十分に彼のヤバさが伝わってきます。

最後、美琴に貰ったバッジを取りに地を這うミサカ妹の姿が。バッジを取り上げた表情が。バッジを抱きしめる仕草がああなんとも。胸が締め付けられる。そして直後の電車落としがこれまた容赦なしだもんなぁ。前半にあんな様子を見せられてラストがこの有様とか、視聴者を叩き落とす気満々の構成・演出ですね。素晴らしい。次回のバトルはレベル5同士という正に夢のカードの実現なんですが・・・次回予告の時点でなんかもう絶望感漂ってね??

そういえば。CAST欄のキャラクター名に『ミサカ妹』とあったので、この名前を使いましたが。妹達全個体の愛称=キャラ名と捉えていいのかしら。その辺、禁書本編ではしっかり区別されているのを知って驚きました。
スポンサーサイト

category: とある科学の超電磁砲S

thread: アニメ・感想 - janre: アニメ・コミック

tb: 3   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kekkaikoushi.blog.fc2.com/tb.php/62-3a48a9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レールガンS 第5話

 ……いやぁ。  参りましたね、これは。  全然その気の無いようなフリの前半で、すっかり騙されたと言いますか。  あの、意味ありげな「さようなら、お姉さま」に、ち...

Old Dancer's BLOG | 2013/05/14 22:22

とある科学の超電磁砲S 第5話「絶対能力進化(レベル6シフト)計画」

クローンであるミサカと出会ってしまった美琴。 子供のようなミサカの言動に拍子抜けしてしまうが…。 そんなミカサたち姉妹が非常な実験台にされていることに知ることになる。 絶...

空 と 夏 の 間 ... | 2013/05/15 00:17

とある科学の超電磁砲S 第5話『絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)』 感想

とある科学の超電磁砲S 第5話『絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)』の感想です。 美琴とミサカの絶妙な掛け合いがおもしろい!そして… (以降ネタバレ注意)

キャラソニ! | 2013/05/15 21:04

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。