さもありなん

毎夜毎夜のアニメ鑑賞が生甲斐の管理人が作品への愛を気儘に書き綴るブログです。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

とある科学の超電磁砲S #24 『Eternal Party』 

 

c64
私ももう、ひとりじゃないから。

絶対能力進化計画を阻止するため、たったひとりで孤独な戦いを続けた美琴。その時に生じていた仲間達との距離という要素は、原作ではそこまで印象的には表現されていなかったのだけど。何もかもひとりで背負い込むのではなく、思い切って打ち明けてみる。それを受け入れ協力してくれる仲間達となら、ひとりでは不可能な打開策や解決法を見出せる。そんな作中を通してのテーマとして昇華させ、ドラマに強いメッセージ性を持たせています。

そして絹旗に取り押さえられて以降、原作では舞台から降りてしまった布束。彼女を改革未明編の重要キャラに据え、似た状況に陥っていた美琴と合わせて心情の変化を描きました。

原作に散りばめられたトピックを活かし、報われない形で退場していったキャラを拾い上げ、問題提起になっている部分に対し解を描くことで構成された、アニメオリジナルのエピソード。1期の木山先生の件も同様でしたね。こういう愛のある作り方には感銘を受けます。駆動鎧等のメカメカしいところはどうしても“浮いてる”なと思ったりはしてたのですが、そんなのが気にならないくらい。キャラ総出演での賑やかな最終決戦も、1クール目の殺伐とした戦闘との対比になっていてどこかカタルシスを感じました。

これまで多くのキャラにスポットライトを当てて美琴達との繋がりを描いてきた、アニメ版超電磁砲ならではの内容だったなと。この街と、このキャラ達となら。退屈しない毎日を送れるでしょうね。
スポンサーサイト

category: とある科学の超電磁砲S

thread: アニメ・感想 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。